めまいは重大な病気のサインでもある|病院で検査を受けよう

病院

専門外来と治療方法

専門外来がおすすめ

病院

めまいとは、身体のバランスを保つ働きをしている器官に障害が生じると現れる症状のことです。身体の平衡感覚を司っているのは三半規管・耳石器・前庭神経・脳幹・視床・大脳皮質などの器官で、このいずれかに障害が生じることでめまいが現れます。めまいは耳が原因であるものと、脳が原因であるものの2つに分けることができます。三半規管・耳石器に障害が生じることで起きるのが耳が原因のめまいです。このめまいは耳鳴りや難聴が一緒に現れることが特徴です。前庭神経・脳幹・視床・大脳皮質に障害が生じることで起きるのが脳が原因のめまいで、手足のしびれや震えが一緒に現れることが特徴です。これらの症状は耳鼻科の病院へ行くことで診察をしてもらうことができます。特に最近では『めまい外来』を行っている病院も増えつつあり、多くの方たちが症状を改善するために通っています。

さまざまな治療方法

めまいの治療方法には、薬による治療と、外科的な治療と、理学的な治療があります。薬による治療では、吐き気や嘔吐などの別の症状がある時はまずはそれらを抑える薬を、比較的容態が安定している時はめまいのための薬を飲みます。薬を飲んで耳周辺の血行を良くし、それによって症状を改善させようという考えに基づいています。外科的な治療は、薬による治療が効果がなかった場合に行われるもので、めまいの原因となっている神経などを手術をして取り除きます。また耳に注射針などを使って薬を注入するといった治療方法もあります。理学的な治療は、頭をゆっくり動かすことでずれてしまった耳石などを本来の位置に戻し、以前の平衡機能を取り戻すための治療方法です。