めまいは重大な病気のサインでもある|病院で検査を受けよう

カウンセリング

ふらつく症状に

先生

めまいという不快な症状があらわれたのならば、悪化する前に診察を受けてしっかりと治すことが大切です。神経内科や脳神経外科、そして耳鼻科でも診察してもらうことが可能なので、近所にある医療機関を調べてみましょう。

専門外来と治療方法

病院

めまいは耳が原因であるものと脳が原因であるものに分けることができ、それらをしっかりと鑑別してくれる専門外来で治療を受けることをおすすめします。専門外来を受診すると的確な方法で治療を行なってくれます。

目がまわる病気を治療する

原料が国産となっている商品の紹介を行なっています。めまいに効果的と考えられているのが漢方やサプリになります。

目がまわる病気の原因

先生

めまいの症状には様々あり、ぐるぐる目が回る状態が続く症状や、ふわ着いた状態が続く症状、一瞬だけクラっとする症状などあります。めまいが起こる原因として、体に備わっている姿勢を保つ機能が異常になる事によって起こります。その原因は、耳の異常や脳の異常が原因で起こる為に、自分のめまいの原因がどの病気が原因で起こっているのかを理解する事が大切です。耳には音を聞く働きをする他に、体のバランスを保つための働きもしています。内耳にある耳石が剥がれて、三半規管に入り込んでしまう事でめまいが起こります。また内耳を満たしている内リンパが増えすぎる事でもめまいが起こります。この場合には耳鳴りや難聴が伴って症状としてあらわれ、メニエール病と呼ばれます。

目がまわる病気を治療する

脳梗塞や脳出血が原因で起こるめまいの場合には、ぐるぐる目が回った状態が続き意識障害や運動障害を伴い、頭痛や首に痛みを感じる事があります。脳腫瘍が原因で起こるめまいは、フワフワした状態が続き難聴や耳鳴り、顔面の違和感や頭痛を感じます。椎骨脳底動脈循環不全症が原因の場合は、ぐるぐる目が回る状態とフワフワした状態が起こり、嘔吐や上肢の痺れを感じる事があります。これらの病気は外科的な治療が必要になるため、ドクターの診断によって正しく治療する事が重要です。原因不明のめまいの場合には、抗めまい薬や循環改善薬を使用して内耳の血流を増やして改善する事が出来ます。その他にも、抗不安剤や浸透圧利尿剤、ステロイド薬やビタミン剤などを使用してめまいの症状を抑える事が必要です。

内耳器官の異常による症状

カウンセリング

めまいの症状は脳内の異常によって引き起こされるケースもありますが、時には内耳の炎症、異常が要因となっていることもあります。多くは耳鼻咽喉科での薬物療法、処置によって改善が見られますが、それぞれで治療経過は異なってくるためその都度医師の判断を仰ぐことが大切になってきます。